木更津・袖ケ浦エリアで建築家とつくるパッシブデザインの注文住宅
TOP
強み
商品
イベント
コラム
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

家づくりノウハウ
公開日:2022.12.10
最終更新日:2023.05.15

基礎断熱と床断熱の3つの視点から見るメリット・デメリット

基礎断熱と床断熱の3つの視点から見るメリット・デメリット表紙画像
基礎の構造にはどのような違いがあるのでしょうか?
基礎内部を室内とみなすか室外とみなすかで居室内の環境や性能に関して行えることに違いが生まれてくることもあります。住宅購入を検討されている際に違いを確認しておくことで住宅メーカーを検討の不安や違いも減らすことができることがあります。

目次

断熱の部位による違いについて


断熱というと「ネオマフォーム」・「吹付断熱」・「グラスウール」など断熱材の種類の違いもありますが、断熱材の種類の他にも「住宅の上部」、「住宅の外周」、「住宅の下部」といった部位ごとに断熱の施工方法にも種類があります。
 住宅の上部であれば、「屋根断熱…屋根部で断熱を行う。」「天井断熱…天井部で断熱を行う。」と大きく2種類あります。
外壁に当たる「住宅の外周面」であれば、「充填断熱…構造材の間に断熱材を入れる方法」「外張り断熱…断熱材を柱などの構造材の外側に張り付ける方法」といった方法があります。
本日はその中でも「住宅の下部」にあたる「床断熱」と「基礎断熱」についてご紹介いたします。施工方法が変わることにより住宅の性能やメンテナンスなどの点で異なるので、住宅を検討される際にご確認されることがおすすめです。
 
 

床断熱について

床断熱イメージ画像
 床断熱とは住宅の床面で「断熱層」を作り、住宅の断熱性能を担保する方法です。
断熱層とは断熱材が入っている位置を示していて、住宅はこの断熱材で外気の「冷気又は暖気」を室内に伝わらないようにしています。そのため、外気と室内の空気を区切る「断熱層」床下としている床断熱は基礎のある床下部分を「外部」とみなしています。外部とみなしているため、湿気がたまり、カビ等が発生しないように換気口がつけられています。
 
 

基礎断熱とは

基礎内断熱施工画像
基礎断熱とは「断熱層」を基礎面で作り、住宅の断熱性能を担保する方法です。基礎断熱には床断熱と異なり、基礎断熱の中にも「基礎内断熱」と「基礎外断熱」と2種類の施工方法があります。
断熱性能を強化するためには「基礎内断熱」に加え、「基礎外断熱」の両方を行う場合もあるので、環境や費用によって施工方法が選ばれている場合もあります。
 

基礎内断熱…断熱材を基礎の立ち上がりの内側に張る方法

基礎外断熱比べ、シロアリが侵入しづらくシロアリの活動が活発な地域では採用されることも多いです。
 

基礎外断熱…断熱材を基礎の立ち上がりの内側に張る方法

基礎外断熱は「熱容量」という物体の温度を摂氏一度高めるために必要な容量を活用できるため、断熱効果が高く、基礎であるコンクリートの外周に断熱材を張るため、コンクリートの劣化を防ぎ耐久性を向上させることが可能です。
そのため、住み心地と住宅の耐久性の改善に役立ちます。一方、「基礎内断熱」に比べ、シロアリが侵入しやすいと言われることもあるので、断熱材自体を防蟻処理されたものを使う等の検討が必要です。
基礎外断熱と基礎内断熱
 
 

床断熱と基礎断熱の3つの視点からのメリット・デメリット

注意の表示の画像

今回は「床断熱」と「基礎断熱」について「施工」、「性能」、「メンテナンス」の3点から違いを比較します。この3点を比較して確認することで「住宅下部の断熱方法」の変化による住宅への影響を確認することができます。
 

施工

「床断熱」と「基礎断熱」の違いについて「施工」に関しては「施工管理・施工品質」、「工期・工事費」に触れながら2つの断熱を比較します。
 

「施工管理・施工品質」

基礎断熱
工期が限られるため工程管理が難しくなく、床下がオープンな状態で工事を行うため、施工状態を確認しやすいため、高い施工品質を確保しやすいです。
床断熱
複数の工程が絡むため、工事の難易度が高くなることが多くなります。
 

「工期・工事費」

基礎断熱
基礎工事に断熱工事が加わるため、断熱工事のない基礎工事より長くなるが、基礎以外の工期は短くなる。基礎工事費は増えるが、家全体では床断熱と大きく差異がありません。
床断熱
上記の通り、基礎工事の工期は基礎断熱より短くなるが、床断熱の工事は複数の工程が絡むため、工期は長くなる傾向があります。
 

性能

続いて、「床断熱」と「基礎断熱」の違いについて「性能」に関して「断熱・防湿・気密の連結」、「気密性能」、「結露」に触れながら、比較します。
 

「断熱・防湿・気密の連結」

基礎断熱
床下空間含め、室内とみなしているため、断熱・防湿・気密の連結不良を抑えることができる。第一種換気の換気システムや床下エアコンとの相性が良くなります。また、断熱面が接する面が地面のため、床断熱より断熱材が薄くなる場合があります。
床下エアコン画像
床断熱
居室の床より高さが低くなる玄関や浴室などを部分的に基礎断熱をしなければならず、断熱・防湿・気密の連結の不良が生じやすくなります。床下が外部のため、外気に面するため厚い断熱材を採用することが多くなります。床断熱の場合は床暖房を採用する傾向が高くなります。
 千葉県の「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」は6地域という全国的に見ると温暖な気候に含まれますが、「冬季の最低気温は5℃前後」で「地中温度14~16℃」と比較すると6地域の「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」でも外気に対しての検討が必要になりそうです。
床暖房画像
 

「気密性能」

気密パッキンの画像

基礎断熱
君津処理の必要な部材の使用が発生するが、必要な取り合い部が土台と基礎の間だけになるので、気密性能を高めることができます。
床断熱
気密処理が必要な取り合い部が「配管の床貫通部」や「根太と断熱材の隙間」など多く気密性能を高めることが難しいです。
 

「結露」

基礎断熱
初期型結露の発生リスクがあるため、暖気と暖房計画に注意をする必要があります。
床断熱
夏型結露と冬型結露の発生リスクがあるため、通風換気と地盤の防湿に注意する必要があります。「断熱・防湿・気密の連結」と同様、千葉県の「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」は6地域という全国的に見ると温暖な気候に含まれますが、木更津市周辺の「冬季の最低気温は5℃前後」、「夏季の最高気温は30℃前後」で「地中温度14~16℃」と比較すると6地域の「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」では「結露」と外気に対しての検討が必要ではないしょうか。
 
 

メンテナンス

メンテナンス作業
続いて、「床断熱」と「基礎断熱」の違いについて「メンテナンス」に関して「白アリ」、「豪雨による浸水」、「水濡れ」に触れながら、比較します。

「白アリ」

基礎断熱
床下部分が室内となるため、使用できない防蟻処理の方法等があり、防蟻処理に関して手間やコストのかかるシロアリ対策が必要になる場合があります。
床断熱
一般的な防蟻処理工事で済むので、基礎断熱よりシロアリの対策が容易です。 千葉県の「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」に対しての白アリ被害に関して「自然が多く被害も多いのでは?」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、防蟻処理や定期点検、物件調査を行っている業者によると「白アリ被害についてエリアによって白アリ被害が多い少ないということはなく、物件ごとにシロアリの被害は異なります。」という話があり、「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」によってもシロアリに対する防蟻の対策は必要になる可能性が高いです。
 

「豪雨による浸水」

矢那川浸水想定範囲
基礎断熱
基礎と居室が繋がっているため、床下で発生した汚染が居室内にも拡大するリスクがあります。
床断熱
床下は外部のため、床下浸水であれば、居室への浸水は少ないです。千葉県「木更津市」、「袖ケ浦市」、「君津市」、「富津市」では比較的浸水被害が想定されるエリアは市町村のHPから確認できる「計画規模(10~100年に1回程度の降雨規模)」では範囲は限定的ですが、「想定最大規模(1年の間に発生する確率が1/1000以下の降雨)」では想定範囲が拡大されますので、希望の土地エリアがどのエリアに位置しているかを確認した上で検討されることが重要になります。
 
 

「水濡れ」

基礎断熱
基礎の打ち継ぎ部分や配管の貫通部分から塚下に水が浸入すると結露やカビの発生リスクが高まります。
床断熱 
水濡れ床下は外部なので基礎の打ち継ぎ部分などから水が侵入しても居室への影響は少ないです。

 
 

まとめ

 「基礎断熱」、「床断熱」とそれぞれに特徴があるため、その特徴を知った上で何を選択されるかを選ばれることがとても重要かと思います。基礎の構造のみで住宅メーカーを選ばれることは少ないかもしれないですが、標準として「基礎断熱」、「床断熱」どちらかの断熱の工法を採用しているメーカーが多い傾向があるので、基礎の構造にご希望がある場合はメーカー選びの際に確認することがよいでしょう。
#家づくりの基礎知識
【2022年度版】千葉県木更津市エリアで長期...
木更津市でZEH住宅を建てたい方へ!メリット...
コラム/ブログ一覧へ戻る

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2023.11.25

【2023年最新】木更津市の保育園・幼稚園・こども園一覧!特徴や料金などをまとめて解説

庭のある暮らし
2023.11.10

木更津市はどんな街並み?自然豊かなスポットや注文住宅のおすすめデザインをご紹介!

家づくりノウハウ
2023.11.10

注文住宅の換気を考えよう!千葉県木更津市周辺で快適に暮らすためには

家づくりノウハウ
2023.11.10

注文住宅を千葉県木更津市・袖ヶ浦市に建てるなら、断熱性能を重視しよう

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。