Staff blogスタッフブログ

君津市 Y様邸 外壁は!?

s_img_2173

Y様邸の外壁に採用したのは焼杉です!!

焼杉は今、和風建築の外壁材としてモダンな住宅に使われています。

s_img_1792

大工さんが一枚一枚、図って、切って、張って

丁寧に仕上げていきます。

 

s_img_1783

 

s_img_1786

凄く時間と手のかかる作業ですが、

仕上がって見ると、とても美しいです!!

 

s_dsc08907

全体の様子は、完成したらお知らせ致しますのでお楽しみに。

hirota

 

焼杉に興味を持った方は是非こらををご覧下さい。

↓↓↓

焼杉の長所

① 焼くことで、炭化作用がおこり防虫及び防腐の効果があり、耐久性がよくなります。

② 木材特有の調湿効果があります。 雨に濡れると板の幅が伸びて気密が良くなります。 板が乾燥すれば通気が良くなる上に、焼杉その物が湿気を吸収し、壁側の結露を減らします。

③ 重量が軽い為に、躯体にかかる負荷が少ない。

④ 焼杉の中に空気層がある為に、熱伝導率が低く断熱効果が高い。

⑤ 夏場に触れても熱くない。窒業系やガルバニュウムのサイディングでは触れると熱く、 輻射熱により近くにいるだけでも熱く感じる。

⑥ メンテナンス(上塗り)や張替が容易。

⑦ 環境にやさしく(炭素の固定)、癒し効果が高い。

 

焼杉の短所

① 自然素材の為に材質が不均一であり、軽微な表面割れ及び木目や色彩のバラツキがあります。

② 木材の風合いを活かす為に、耐久性の高い塗装ができない。

③ 立地条件や建築様式、又は気象により差はありますが、色彩の変化(退色)がおこります。

④ 外部的要因である経年変化により、割れや変形することがあります。

⑤ 木材特有の灰汁が雨水により出る事があります。

⑥ 燃えやすい。使用地域が限定されます。