WORKS 15

あたたかさが一枚上手な家

複層ガラスの断熱性を上回る「トリプルガラス」を採用。

「家族がもっとも長く過ごす場所だから、一年を通じて心地よい環境にしたい」という声に応え、千葉県で初めて「トリプルガラス」を採用しました。また、東西にワイドな敷地形状を活かしてリビング・ダイニング・キッチンをすべて南向きにレイアウトし、あたたかな太陽の光をたっぷりと採り入れられるように。さらに、大屋根の庇が深く設計され、夏場の厳しい陽射しをシャットアウトできるようにしています。

DATA

所在地
千葉県富津市相野谷

● 家族構成
夫婦+子ども1人

● 敷地面積
578.00㎡(約174.84坪)

● 延床面積
134.57㎡(約40.70坪)

● 建物規模
木造・平屋建て

● 工事期間
2015年6月~2016年2月