WORKS 31

きらめく海をひとりじめ

急傾斜地だから実現できた、こころ躍る絶景の別宅。

急傾斜地と聞くとデメリットと捉えられがちですが、この計画地は青く輝く海を見下ろす高台にあり、上手く活用することで抜群の眺望を得られます。そこで、急傾斜上にフラットな土地を造成して基礎を築き、海に向かって張り出すような形状の建物をプランニング。おおらかな空が広がるテラスは、リビング・ダイニングとフラットにつながり、どこにいても海を眺められる別宅をつくり上げました。

DATA

所在地
千葉県富津市荻生

● 家族構成
夫婦

● 敷地面積
140.42㎡(約42.49坪)

● 延床面積
67.80㎡(約00.00坪)

● 建物規模
木造・平屋建て

● 工事期間
2012年2月~7月