Staff blogスタッフブログ

UA値の簡単な説明

色々なところで聞くことが多いUA値。

日本語にすると「外皮平均熱貫流率」のことです。

言葉だけを聞くと難しそうなので、家をヒトに例えて簡単に説明してみました。

裸で外に立っていて、「寒い」と感じる感覚を全て足し合わせて、

外側に出ている面積で割った平均値です。

*実際には行わないで下さい。

なので、これを家に戻して考えてあげると

「UA値=外皮から逃げる熱量/外皮面積」となります。

「家の外側に触れている部位はどこなの?」と思ってしまいますが、

窓、屋根、外壁、床や基礎といった地面も含めた外側(外皮)に

接している面を計算しています。(また、ヒトに戻して考えてみて下さい。)

*換気からの熱損失量は含まれません。

空気に接している面積から熱が逃げる量の平均値なので、

「小さい数値の方が優秀」=「熱を逃がさない」となります。

熱を逃がさないといった構造からよく水筒などの「魔法瓶」と

例えられることが多いです。

ちなみに、一般的に言われる各部位ごとから逃げる熱の割合は

窓・ドア3割、外壁3割、換気3割、その他の部位から1割と言われています。

 

UA値の「外皮平均熱損失率」という名称から外壁のことを

イメージしやすいですが、窓や換気(UA値には入っていません)も

断熱性能を高めるための重要な要素となっています。

出口